軽自動車の車検費用を安くする方法


自分で軽自動車の車検を受けてみる場合

軽自動車でも新車なら三年、それ以降は二年一度は車検を受けなければなりません。その費用が負担になるなら、自分で車検を通してみるのが良い方法で、意外と簡単に通せてしまうので覚えておきたいものです。

メリットについて

軽自動車は普通車や大型車に比べれば安いとは言っても、車検を受ける場合はそれなりにお金が必要になります。加えてそこから修理や交換といったことがあれば十数万円かかることも珍しくはありません。そこでいわゆるユーザー車検と呼ばれる、業者に任せず車のオーナー自らがやっておくことでわずかですが安くすることができるのです。
経験したことがない人にとってはいかにも難しそうですが、都道府県での違いはあるかもしれないものの、基本的には午前に受けて駄目だったとしてもその日の午後にまた車検が受けられるといった具合にチャンスが多いため、何度かチャレンジしておくと通る確率が高くなりますし、何よりも車についての知識が身につきますから、やっておいて損はないです。

必要なお金とやっておくと良いこと

車検を軽自動車で受けるためには、当然ですがお金がいります。
検査法定手数料、自動車重量税の印紙代、軽自動車のための用紙代、自賠責保険代を用意しておかなくてはならないです。多少のズレはあるのかもしれませんが、全部で五万円もあれば十分です。ちなみに事前に自賠責保険に加入していればその分はなくても構わないです。
ここで覚えておくと良いのは車検場を見学できるところもあるという点で、慣れていないと戸惑うことも多いのですが、最初に見ておくといくらか気持ちを落ち着けるかせることができます。それから受付でお金がいくら必要のかを聞いておけば、足りなくなって自宅に取りに戻るなどといったことがなくてすむので、ぜひともやっておきたいです。

どんなことが行われるのか

ユーザー車検を受ける人のために、たいていは地面に矢印や看板がかかっているため、それに沿って軽自動車を移動させていくと迷うことは少ないでしょう。
ウィンカーの検査ですが、検査員の指示に従って右と左を点灯させていきます。バックギアに入れると、テールランプの一部が光るのかどうかもチェックされます。これらは車種にもよりますが意外と簡単に交換できるので、やっておくと車検が通らないといったことが防げます。それからクラクション、排気ガス、サイドスリップ、ホイールベース、重量、ライト、ブレーキといった部分を調べられます。タイヤの溝も大切ですから、検査をパスできないようなら新品に替えておくかそれが無理なら中古でも構いません。