軽自動車の車検の費用は店によって違う


軽自動車の車検の費用の内訳

軽自動車に限らず、私たちが所持している車を公道で走らせるために必ず必要なのが、定期的に行う車検です。車の維持費の中で大きなウエイトを占める車検の費用の内訳は具体的にどのようになっているのでしょうか。

どのお店でも同じだけかかる費用

車検の費用はお店によって全然違います。それは車検の費用が大きく2種類に分けられているからなのです。具体的には法定費用と車検基本料に分けられます。まずは法定費用から見ていきましょう。法定費用というのは国から定められている車検に必要な費用の事です。
この法定費用に関してはどっこのお店にもっていっても同じだけかかります。Aのお店よりもBのお店の方が法定費用は安いという事は絶対にあり得ないのです。
主な内訳は自賠責保険料、印紙代、重量税となっていて、この金額は車種によって個別に定められています。軽自動車を例に出してみると、重量税は6600円、自賠責保険料は21970円、印紙税が1400円となっています。軽自動車を車検する場合、これだけのお金は必ず必要になるというわけです。

お店によって変わる費用について

次に車検費用についてみていきましょう。この車検費用というのは具体的に言えば車検をする業者の儲け分です。法的に定められた金額というものが一切ないので、お店側が自由に価格を設定することが可能です。つまり車検費用がお店によって全然違うのは、お店によってこの車検費用が全く違うからなのです。車検費用も基本的には車種によって大体定められていて、車検は軽自動車だと安くなりますし、大型車になると高額になります。
この車検費用の内訳もお店によって自由に決めることができるので、見積書を見ると記載されている内容が全然違います。車検をしてもらうお店を選ぶ際にはこの車検費用の内容がこちらも理解できるお店にするようにした方が無難です。

車検が高い店と安い店

先ほどお店によって車検の費用の相場が全然違うとかきましたが、軽自動車の車検の費用の平均的な相場はいくらくらいなのでしょうか。
法定費用とと車検基本料とに分けてみていくことにしましょう。
まず、軽自動車の法定費用は36570円です。この費用はどのお店に持って行っても同じだけ必要なので、この費用は覚えておくとよいでしょう。
合計金額からこの法定費用を差し引いただけのお金がお店側の取り分になるというわけです。差し引いて出たお金が納得いく金額であればそのお店に車検を依頼すればいいのです。一般的にはディーラーで車検を依頼すると高くなり、フランチャイズやガソリンスタンドなどに持っていくと安くすみます。ただし、値段が高ければ高いほど安心できる車検を受けられるというのも事実です”