軽自動車の車検の種類と大まかな費用


車検!軽自動車について調べました

自家用車が軽自動車という方も多いと思いますが、車を購入、維持していくからには車検は必ずやってきます。公道で自動車を走行させるためには、その自動車が国の保安基準を満たしている必要があります。その保安基準に適合するか確認するのが自動車検査=車検となります。

軽自動車と普通車では検査場が違います

軽自動車でなくても日本の公道を走行するにはその車両が保安基準に適合している事が必要です。新車で購入しても日々走行していくうちに消耗品、走行装置の劣化や磨耗が進み、いずれは走行不可能になります。軽自動車をいつでも走行可能な状態に維持するのは使用者の義務ですが、自動車毎にドライバーも使用方法もさまざまである事から、公道を走行できる状態か定期的に確認する必要があります。これを自動車検査=車検と呼びます。
ところで、普通自動車と軽自動車では車検を受ける場所が違う事はご存知でしょうか?普通自動車が検査を受ける場所は運輸支局内の検査登録事務所が運営している検査場ですが軽自動車は軽自動車検査協会が運営している検査場で検査を受けなければいけません。

軽自動車の車検の種類

軽自動車の車検に種類がある事はご存知でしょうか。まずは一般的に車検と呼ばれる「継続車検」。これは現在所有している軽自動車の自動車検査証の有効期限が満了後、引き続き使用する場合に受ける検査です。新車購入後3年で受け、以後2年に一度継続検査となります。に「新規検査」。新車販売された車両や中古車で車検切れの場合に受ける検査です。他には自動車の長さや積載量、乗車定員などを変更した時に受ける「構造等変更検査」、「予備検査」などがあります。そして車検を受ける方法も大きく分けて2種類あります。
国の認証、指定を受けた整備工場に定期点検とともに検査を以来する方法と自動車のユーザーが検査場に車を持ち込み、検査を受ける方法です。

車検の費用と依頼業者について

軽自動車の車検の費用はどのくらいでしょうか。まず、絶対に必要な費用として「法定費用」があり、自動車損害賠償責任保険(自賠責)と重量税がそれに当たります。軽自動車は大体36,570円かかり、それにプラス点検整備費用がかかります。
車検費用総額では軽自動車で約6~8万円(追加整備なしで)、やはりディーラーは若干高くなってしまう傾向のようです。理由としては、人件費(営業やショールームの社員など)が高く、修理方法も不具合部分をアッセンブリー交換(不良部分を全部新品に交換)してしまうので、どうしても部品単価も高くなりがちです。
しかしディーラーでは質の高い整備や最新式の検査機器、豊富な車両情報と万人に公平な接客で安心を買うとも言えます。
一方で個人経営の整備工場は人件費もかからず、修理も不良箇所のみの交換なので費用は抑えられますし、顔見知りになるとさらにサービスが良くなる傾向のようです。