車検に軽自動車を出す時に知っておきたいポイント

軽自動車も通常の車と同様に、法律で定められた期間に車検を受ける義務があります。車検を無事に通すためには事前にいくつかのポイント抑えておくことが重要です。今回は車検の費用を抑えるコツや整備で重要視されるポイントについてご紹介します。

車検に軽自動車を出す時の期間と行える場所

軽自動車は新車で購入をした場合は初回に限り購入時から3年後、その後は2年ごとに車検を受けることが法律で義務付けられています。車検を受けていない車は公道を走行することができないので、もしうっかり切れてしまうと専門の業者にレッカーで整備工場まで運んでもらうなどの手間が掛かってしまうので注意が必要です。
車検を受けられる場所は、自分の購入した車のメーカー(正規ディーラー)や民間の整備工場、車検専門のフランチャイズ店など数多くあります。ほかにもカー用品店やガソリンスタンドといった日常的に利用することが多い場所でも行うことは可能です。
しかし、利用する場所によって整備の信頼度や費用などの面で違いがあるため、自分がに合った場所で行うことが大切になります。

車検の前に事前にチェックしておくポイント

軽自動車に限らず全ての車に共通して言えることですが、車検をする時に特に重要視される場所がいくつかあります。
まずはヘッドライトの光量です。ヘッドライトは夜間の走行を安全にするために欠かすことのできない物なので、車検の時に重要視されます。このヘッドライトの光量が不足していると合格を貰うことができないので注意が必要です。主な理由としては紫外線によるライトカバーの黄ばみになります。これは屋外に駐車している時間が長い車に多いとされる原因です。
同様に安全上欠かせないブレーキの審査も重要視されます。ブレーキ検査で落とされる主な理由はパッドの溝やブレーキドラムの液漏れなどです。もし検査が不合格となってしまうと再度受けなおさなくてはいけなくなるため、事前にセルフチェックを行うことを忘れてはいけません。

少しでも安く車検を行いたい場合のおすすめ

車検は行う場所によって費用が変わってきますが、少しでも安い費用で車検を行いたい場合は、ユーザー車検がおすすめです。ユーザー車検とは、その名の通り手続きから点検までを全て自分で行う車検になります。人件費など余計な費用を必要としないため、一般的な車検に比べて数万円以上安くすることが可能です。
やり方は簡単で、自分の住んでいる地域を管轄している陸運局に車検を通す軽自動車を持ち込んで、必要な書類に記入をした後に点検を行うだけです。必要な書類や記入方法は窓口で教えてくれるので心配はいりません。車の点検においてもマニュアル通りに順番に点検を行って、わからないことがあれば専門のスタッフが教えてくれるので、車の知識がなくても大丈夫です。
全てチェックを行い問題がなければ車に貼る車検済みのシールを貰って帰ることができます。もし時間に余裕があって費用を抑えたいと考えている人はユーザー車検がおすすめです。

全国で実績のある車検の速太郎で車の安全を確保。 車検のことなら速太郎にお任せ下さい。 最短45分のスピーディーなお客様立ち合い車検を行っているので、その場で質問・説明ができ、無駄な費用を省いた明快な価格設定がされています。 全国62箇所に店舗を展開しております。 入庫等の余分な費用をカットしております。 目で見て確認できる安心の立ち会い車検です。 軽自動車の車検はお任せ下さい。